医療法人名南会

医療法人名南会

名南会の歩み

1959年9月の伊勢湾台風が、名南会の出発点。被災地における医師や看護師の献身的な活動がきっかけとなり、「だれでも気軽にかかれて、きちんと診てもらえる病院を自分たちの手でつくろう。」という運動が地域の中から起こり、みんなの智恵と力でつくられました。

以来38年間、患者さんの立場にたった医療活動、地域に根ざした医療活動を積極的に展開してきています。

2004年現在、名南病院・名南ふれあい病院の2つの病院、名南診療所・中川診療所の2診療所、介護老人福祉施設かたらいの里・訪問看護ステーション・ヘルパーステーションなどの5事業所となりました。

わたしたちは、予防・健診・急性期・慢性期・介護と地域住民の生活のほとんどの場面で関わっていける病院として、日々の医療活動に取り組んでいます。

 

▲このページの先頭へ戻る

医療法人 名南会
法人本部事務局 名古屋市南区豊田5-15-18 名南ふれあい病院内
TEL:052-692-2388 FAX:052-692-6384