医療法人名南会

医療法人名南会

より安全・質の高い医療提供を目指して、電子カルテを導入

名南病院と名南ふれあい病院、名南介護老人保健施設かたらいの里、名南訪問看護ステーションきずな、名南ヘルパーステーションきずな、居宅支援事業所に電子カルテシステム(以下電子カルテ)を導入しています。

 電子カルテの画面です。
※この画面のデータは、テスト入力したサンプルで、架空のものです。

電子カルテで安全な医療を推進

電子カルテによって、紙カルテでは共有がたいへんだった患者さんの情報が、医師をはじめ、看護、薬局、検査、放射線、リハビリなどのすべてのスタッフで、患者さんの治療に必要な情報をリアルタイムに共有することができるようになりました。このリアルタイム情報共有によって、より安全な医療、よりよい医療を推進します。

電子カルテでより水準の高いインフォームドコンセントを推進

カルテ(診療録)は、患者さんの情報ですので、医療関係者のものでなく、患者さんのものです。それが、紙に記録したカルテの文字が分かりづらく、場合によっては何が書いてあるかわからないこともありました。電子カルテによって、見やすく分かりやすいカルテとなりました。

さらに、治療の説明用紙や検査結果表は、わかりやすく工夫し、画像診断、心電図、超音波検査、内視鏡検査など従来は、フィルムや紙であったものも、電子カルテから見ることができます。

このわかりやすい電子カルテで、より水準の高いインフォームドコンセントを推進します。読みやすい字で記録されたカルテを印刷してお渡しします。

電子カルテで待ち時間短縮などサービスの向上を推進

電子カルテと一体であるドクターオーダリングシステムによって、外来診療の待ち時間短縮を推進してきました。電子カルテは、紙のカルテの持ち運びや紙のカルテの行方不明などがありません。したがって診察終了後の待ち時間は大幅に短縮されました。現在の課題は、診察までの待ち時間をよりいっそう短縮できないか検討を進めています。

予約診療は、新患の方も含めて電話での予約も可能にしました。予約再来受付の方は受付機によって簡単に受付できるようにしました。

■患者さんへ

  • わかりやすいカルテでインフォームドコンセントを推進します。ご希望の患者さんには、読みやすい字で記録されたカルテを印刷してお渡ししています。※(右写真参照)
  • 検査結果を時系列やグラフで表示、プリントアウトをお渡しできます。
  • レントゲンや心電図など検査画像をきれいな画面でお見せできます。※(下写真1参照)
  • 薬の説明用紙で、薬の作用や副作用等の確認ができます。
  • 正確な指示伝達と実施時のチェックで安全な医療をすすめています。※(下写真2参照)
  • 予約診療を行っています。お電話での予約もできます。
  • 診察終了後の会計待ち時間を短縮し患者さんのストレスを軽減します。

写真1
電子カルテから、内視鏡検査画像や、レントゲンや検査の画像を参照。テストサンプルです。

写真2
薬剤禁忌のチェックがかかった画面です。薬の副作用は電子カルテで管理されているので、薬のオーダ時には登録されている内容に基づき自動的にチェックされます。

■窓口業務

  • 診察待ちや会計待ちなど患者さんの状態をどの部門でも正確に把握できます。お待たせすることがあったら、スタッフにお尋ねください。※(下写真参照)
  • カルテを探して、診察室へ持って行く必要がありません。カルテ検索でお待たせしません。
  • 電子カルテに基づいて診療費を自動で計算します。診察や検査などすべて終わりましたら、会計窓口においでください。会計で長時間お待たせしません。終了後5分以上お待ちの場合は必ず会計窓口に声をかけてください。※(下写真参照)
  • スペースを取らずに、カルテ情報を半永久的に保存できます。いつ、どんな病状で、治療をしたか電子カルテで、経年的に記録されています。
  • 予約診療によって、待ち時間の短縮を図りました。待ち時間を統計的に把握する等、定期的に改善をすすめています。
  • 電話予約も行っています。初めての方でも、予約ができますので、ご相談ください。
  • 入院患者さんの状況は窓口でリアルタイムに把握できます。

※受付から診察終了、会計終了の時刻が会計窓口で把握でき、効率的に会計を行えます。この画面は、ある日のデータです。待ち時間の実態がおわかりいただけると思います。

※オーダ画面(電子カルテ)で医師が登録した内容が、会計画面に反映されます。会計担当者が、「未引用のみ引用」をクリックすると自動計算されます。

■看護スタッフ

  • 看護スタッフは予約や受付状況を把握しながら、診察の準備をすすめています。問診など医師への伝達も正確におこなえます。プライバシーには十分配慮していますので、医師に聞きたいことなど看護スタッフにお話しください。
  • カルテを捜す、持ち運ぶといった作業や置き忘れなどもなくなります。診察が終わったと同時に、検査や処置、会計窓口に情報が伝達されます。
  • 検査伝票の作成や検査データをカルテに貼るといった面倒な手作業がほとんど無くなりました。看護スタッフは待合室や処置室に適正に配置し、患者さんにより満足して頂ける看護をすすめています。
  • クリティカルパスや看護計画、指示のすべてを反映した、看護ワークシート等にもとづいて毎日の看護を行っています。また受け持ち看護制で患者さんの病状把握や相談などを継続的にすすめています。※(下写真参照)
  • 看護によるミスや事故を防止するための実施時のチェックや患者さんと指示の認証(バーコードでのチェック)を行い、安全な医療をめざしています。※(下写真参照)
  • バイタル入力、問診表も簡単に作成できます。ベットサイドで電子カルテの登録や参照をおこなっています。※(下写真参照)

病棟看護の電子カルテ画面です。診療録は医師の電子カルテと同様に全職種で時系列表示です。
※看護ワークシートと呼んでいる、医師の指示と看護ケアのスケジュールが把握できる画面が特徴です。
※今日の看護ケアのスケジュールがリアルタイムに把握できます。看護師は、この内容にもとづいてプライマリケアをすすめています。

※輸血オーダは、製剤の入庫から実施まで製剤バーコードでチェックされます。
※左画面は、製剤の出庫時の管理画面です。受渡者と受取者、出庫場所を登録します。

※輸血実施時の画面です。患者さんのコンピュータ番号と製剤のバーコードをスキャナーで読みとりチェックします。
※情報が合致すると、実施登録されます。間違いなく投与ができるしくみです。

バイタル等の観察項目、看護処置の入力画面です。
※観察項目は、病棟毎と患者さんごとに柔軟に設定、スケジュール化できます。看護計画に合わせてスケジュールして、そのチェック項目が当日表示される仕組みです。
※担当する患者さんの一覧からバイタル入力画面を呼び出して登録します。
※病棟ではノートパソコンを無線LANで使用し、必要なデータ登録と必要な内容表示をリアルタイムで行えます。

※テンプレートのサンプル画面です。様々な問診や身体状況や治療状況の聴取に必要なものをオリジナルで作成できます。
※テンプレートを使用することで、看護業務の標準化、レベルアップにつながっています。

■医師

  • すべての医師オーダを電子カルテから行っています。また、検査結果や画像、看護記録、バイタルサインなど患者さんの状況をリアルタイムで把握し、治療をすすめています。
  • 入院治療計画書※やリハビリ計画書、情報提供書、診断書など文書はテンプレートを使用して発行しています。読みやすく、わかりやすい内容でお渡しするよう努力しています。
  • カルテや検査結果の画面をお見せしながら診察をおこなっています。質の高いインフォームドコンセントをめざしています。

※外来診察室の様子
※医師と患者さんようのモニターは同時に表示され、患者さんも自分のカルテをみることができます。

※病棟ベットサイドで電子カルテ(ノートパソコン)を使用している様子です。

※患者さんへの病状説明や検査説明などに、文書やパンフレットをとりいれ、わかりやすい説明を心がけています。
※ 説明した記録は、電子カルテに保存されます。(画面データはすべてサンプルデータです。)

■その他のコディカルスタッフ

  • 検査やレントゲンの説明用紙を予約時にお渡ししています。説明の内容確認にお役立てください。安全な検査実施のため、実施時にあらためて説明と問診をさせていただきます。また、質問や不安などありましたら、検査、レントゲンスタッフにご相談ください。
  • 検査やレントゲンの実施情報や必要な所見を電子カルテに記録しています。実施情報は会計へ、所見は医師へ伝達されます。
  • 患者さんからお聞きした副作用やアレルギー情報や薬歴を、電子カルテに登録し管理しています。
    ※医師の投薬や注射のオーダ時に禁忌情報としてメッセージがでてチェックされます。
  • 服薬指導、栄養指導、リハビリなど指導実施内容の記録も電子カルテに登録しています。すべてのメディカルスタッフの記録を時系列に情報共有できます。

 

▲このページの先頭へ戻る

医療法人 名南会
法人本部事務局 名古屋市南区豊田5-15-18 名南ふれあい病院内
TEL:052-692-2388 FAX:052-692-6384