入院のご案内

ホーム > 入院のご案内

「回復期リハビリテーション病棟」とは

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患や骨折など急性期の治療を終えた患者さんへ、自宅や社会に戻ってからの生活が少しでもその方らしい豊かな人生に近づけるように、集中的なリハビリテーションを提供する病棟です。日常生活動作(食事、着替え、歯磨き、洗顔、排泄、入浴など身の回りの動作)能力の向上、在宅復帰、社会復帰を支援していきます。

その為のリハビリテーションプログラムを患者さんやご家族と相談しながら、スタッフ(医師、看護師、介護士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、薬剤師、栄養士、MSWなど)と共同で作成し、生活に密着したリハビリをすすめていきます。

チームリハビリ

集中したリハビリテーションを行うため、回復期リハビリテーション病棟では、それぞれ専従のスタッフが医療チームをつくり関わっております。

多職種カンファレンスの様子
多職種カンファレンスの様子

個別リハビリ

365日、1日2~3時間、担当の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がリハビリテーションを提供いたします。

必要に応じて、屋外や職場、自宅訪問を行い、動作確認や環境調整を行い退院に向けて支援していきます。

退院後もリハビリテーションの継続が必要な場合は、当院の外来リハビリテーション、訪問リハビリテーション、同法人の通所リハビリをご利用いただけます。

階段昇降の練習
歩行器具を使用した歩行練習
指の練習
電気刺激装置を使用した手の練習
書写の練習
嚥下造影検査
嚥下造影検査

リハビリ室

入院できる疾患と入院期間

回復期リハビリテーション病棟は、厚生労働省が入院対象疾患などの条件や入院期間を定めています。 

  対象疾患 入院期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎 急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後もしくは 手術後、又は義肢装着訓練を要する状態 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷 180日
2 多肢の骨折、大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折 90日
3 外科手術又は肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後 90日
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後 60日
5 股関節又は膝関節の置換術後の状態 90日

入院には、治療・手術を受けた急性期病院からの診療情報提供書が必要です。

まずは入院先の担当医または、連携室や連携担当者へご相談ください。

入院事前相談ご希望の方はお電話でお問い合わせください。「入院のご案内」をお渡しします。

入院手続き

病院に到着されましたら、1階受付で本日回復期病棟に入院予定であることをお伝えいただき、保険証等ご提出ください。病棟職員がご案内いたしますので、受付前ロビーでお待ちください。

入院に必要な書類の手続き、入院生活やリハビリについての説明、お荷物の整理等で1~1.5時間ほどかかります。
ご家族の皆さまには御協力くださいますようお願いいたします。

準備していただくもの

  • 保険証類一式(医療保険証、高齢者医療証、福祉給付金資格証、介護保険証、などお持ちのもの)
  • 処方されている薬
  • 活動着(普段着)、寝間着類、下着、靴下
  • タオル、バスタオル
  • 口腔ケア用品
  • 箱ティッシュ、イヤホン、マスク、電気式髭剃り、紙オムツ、補聴器、眼鏡 等

タオルセット、寝間着類セットのセットレンタルのご利用もできます。詳細は「入院のご案内」をご覧ください。

© 2004 - 2022 医療法人 名南会